Topics 4 安心安全の取り組み

topics header

「お客様の命を預かる」という使命感を持ち、「安心」と「安全」を徹底追求しています。

「安心安全」の基本的な考え方

「安心安全」の基本的な考え方

揚州商人では、「お客様第一主義」という考え方を掲げています。私たちの使命は、お客様に美味しい料理を食べていただき、お客様の「ありがとう」を集めることです。美味しい料理を安心して食べていただくためには、「安全」が欠かせません。「安全」だからはじめて「安心」であると、私たちは考えます。そして、私たちは料理を食べていただくことを、お客様の「命を預かる」ことと同じだと考えています。そのために味にこだわるだけでなく、お客様に安全な料理を食べていただけるよう、調理に携わるスタッフや調理環境の「衛生」に常に注意を払い、食中毒や異物混入が発生しないように、最大限の努力を払っています。

「安心安全」のための調理環境

「安心安全」のための調理環境

食材は「なまもの」であり、その性質は時間単位で変化します。そして食材ごとに適切な温度や湿度などの環境が求められます。そのため、当社では工場を3つのエリアに仕切り、食材や作業にあった衛生的な作業環境を追求しています。

また、どれだけ衛生的な環境を整えても、どれだけ新鮮な食材を用意しても、そこで行われる作業に問題があれば、お客様に食べていただく料理を安全に提供できません。調理作業に関わるスタッフ自身が清潔を保ち、衛生的な調理環境と新鮮な食材が揃ってはじめて安全な料理となり、お客様の「美味しい」と「安心」が実現すると私たちは考えています。そのために、調理作業の中で5S(整理・整頓・清掃・清潔・しつけ)を徹底し、マスク・帽子の着用から、作業前のエア・シャワー使用、頻繁な手洗いの励行、エリアごとの靴の履き替え、調理においては異物混入の点検まで、徹底的に実施しています。

「安心安全」の担い手、調理スタッフの工夫

「安心安全」の担い手、調理スタッフの工夫

調理作業や食材をいちばん理解しているのは、調理スタッフです。そして、揚州商人の安心安全な食の品質を保っているのも、同じく調理スタッフです。安心安全を実現するためには、調理スタッフが働きやすく、情報共有がスムーズで、創意工夫がしやすい環境が求められます。調理スタッフの日々の気づきや創意工夫こそが品質を作っているのです。例えば調味料ラックのプレートは、調味料の管理方法をよりわかりやすくするために、調理スタッフの「カイゼン」提案によって作られたものです。

>> Topics 一覧へ <<

  • オンラインショッピング
  • グルメ会員
  • 揚州マインド
  • 夢ごこち小龍包
  • ウチナカ中華

ページTOPに戻る