お知らせ

2023.01.01

千葉都町店

お知らせ一覧へ

麺について

揚州商人の中国ラーメンは柳麺(りゅうめん)、揚州麺(ようしゅうめん)、刀切麺(とうせつめん)の3種類からお選びいただけます

柳麺(りゅうめん)

柳麺

変わらぬ伝統の味、柳麺。
中国では柳麺(細麺)が主流です。揚州商人でも20年に渡りこの細麺を使用し、昔ながらの製法で親しみのある味を守り続けています。
一般的に日本では、うどんなどコシがある多加水麺が使われていますが、中国ではモチモチした食感の低加水麺が主流です。
揚州商人では中国伝統の柔らかい低加水麺に手を加え、歯切れのあるコシを足し、更に美味しくなった中国柳麺を使用しています。
揚州商人の種類豊富なスープを絡めて食べると更に旨味が増すのです。ぜひ、お召し上がりください。

刀切麺(とうせつめん)

刀切麺

刀削麺ならぬ刀切麺とは。
中国は伝統的に細麺が多く、揚州商人は20年に渡り、祖父譲りの細麺を貫いてきました。20周年を迎えた年、遂に中国極太麺を始めることとなりました。
麺の生地のかたまりを刀で削る刀削麺は有名ですが、削るのではなく同じ生地を伸ばして刀で切る麺、名づけて刀切麺を大変な苦労の末。作り上げました。
驚くべき歯ごたえ、深みのある味、揚州商人の刀切麺は日本一の中国極太麺です。ぜひ、お召し上がりください。

揚州麺(ようしゅうめん)

柳麺

揚州商人の特製オリジナル麺
揚州商人が長い時間をかけ試作に試作を重ね、ようやく完成させた「至高の中太麺」
「コシ」と「もちもち感」の絶妙なバランス。
もっちりとした食感の中に上品なコシ。
相反する食感を絶妙なバランスで 仕上げました。
使用している「厳選された高級小麦」は、麺の風味を増し、素材の味が楽しめます。
揚州商人の、どのラーメンにも良く合う、当店の特製オリジナル麺です。

揚州商人メニューのアレルゲン情報

この情報は、これらのメニューでの、アレルギー食品28品目の使用の有無をご説明するもので、お客様のメニュー選択のご参考としていただくものです。アレルギーをお持ちの方は別途お医者様にご相談の上ご利用下さい。これらのメニューの加工・調理には、アレルギー食品28品目を含む食品を加工・調理した装置・器具・食器と共通のものを使用しております。
※アレルゲン除去食品ではありませんので、敏感な方はご注意下さい

揚州逸品料理店アレルゲン情報

(下記店舗以外の店舗)

中国逸品料理店アレルゲン情報

(飯田橋ラムラ店・立川店・新橋店・赤坂店・池上店・流山店・東池袋店・武蔵小山店・横浜スタジアム前店・稲毛海岸店・北山田店・綱島店・町田店・渋谷センター街店・キテラタウン調布店・東大宮店)

中国名人料理+朝食店アレルゲン情報

(アネックスチェックイン新橋店)

中国名人料理店アレルゲン情報

(市川二俣店・第二産業南中野店・イオンスタイル碑文谷店・イオン新浦安店・町田忠生店・アクロスプラザ柏大山台店・イオンレイクタウンmori店・流山おおたかの森S・C FLAPS店・大和店・松戸二十世紀ヶ丘店・末吉橋店・田無店)

一部メニューに使用される原材料の原産地情報

商品名 原材料名 原産地
揚州炒飯 オーストラリア産
レタス炒飯 オーストラリア産
黒酢炒飯 オーストラリア産
ライス 国産(新潟県産)